プレアデス星人の世界

プレアデス星人を中心とした異星人たちの技術や考え方を掲載します。

スポンサーリンク

オリオン

「オリオン座の文明」


オリオン座 - 狩人 - 10月から3月の夕方に、両半球において見える大きい星座。それは、多くの星、及び、星雲を含みます。最も注目に値する星は、オリオンの剣を 形成している星々であるオリオン座がある。これらの星は、トラペジュウムと呼ばれます。オリオン座における2つの非常に明るい星は、リゲル、及び、 ベテルギュウス、及び 、あなたが聞いたかもしれない他の星を含みます。ミンタカ、アルニタク、アルニラム、ベラトリックス。 

オリオン座文明は、事実上、主として89%がベガ人です。その89%はベガの遺伝子で、ベガを基本とした遺伝子は、75%が人類タイプであると言えます。残りの1 4%は、非人類タイプのベガ遺伝子であると考えられます。従って、彼等は幾分飾っている (通常感情的身体によって) が、それらの話の原因となるオリオン座システム (もしく は過去に持っていた) の中に生きているベガを基本とした遺伝子による非人類タイプの実体があるので、オリオン座からの爬虫類のあなたの話は、正確です。主として、それは事実上ベガ人です。 

Q1.これは、遺伝の系列の結果によるのみでなく、非常に高い銅含有量よるボディタ イプですが、日常の食物のせいなのでしょうか? 
A1.ええ、最も明確です。ここの地球上における貴方がたの身体は、水をベ-スにしており、そして、彼等のものは基本的物質として、水をある程度飲むけれども、ある油脂 、又は、脂肪質を含有し、身体、肌を滑らかにしています。自動車におけるエンジンの様な考えです。ギアは、オイルによって回ります。我々が言及したいと思う事の一つは、オ リオンの見地から見た特異性です。オリオン星団系における様々な司祭は、食物、セレモニー、及び、ある霊的経験を含む、非常に厳密な霊的訓練によって、彼等の目の色を非常 に鮮やかな青に変える事が出来ます。貴方がたの幾人かの人々は、非常にくっきりとした青い目を持った、これらのオリオン座タイプの実体の遭遇を受けました。もし誰かが持っ ているなら、彼等がコンタクトしている実体が、目の色が生まれつきの自然なものではないけれども、霊的なパスのタイプを通して達成されたので、ある種の司祭であることは最も有り得ます。 

我々は、オリオンの実体の89%が事実上、ベガ人であるとあなたに告げました。残っている11%は、リラ人の血統です。我々は、それを11%言い、90%は、我々 が話した様に明るい茶色の肌の人々であり、そして、残っている10%は、コ-カサス白人種タイプのリラ人です。ふわふわの髪をした。彼等は、希です、しかし勿論、もしあなた が何十億の人口に関して話しているならば、それから、それは、人々の相当の量を占めるでしょう。 

Q2.そして、彼等の痕跡を残すために、彼等は、攻撃的な傾向がありますか? 
A2.はい、一般的に、その事は、共通のテーマです。これらは、オリオン座の実体の最も共通の物理的属性です。当面少し神秘的になっているが、貴方がたが希薄な振動にな っており、貴方がたが更に高いレベルの第4次元の状態になっているので、物理的外観が非常に順応性があり、そして、全てがそれほど重要ではない。我々が話している事は、第 3次元と早期の第4次元の性格についてであり、遺伝的相異は非常に明白であり、非常に注目されている。 

Q3.自然の異種交配が可能な、十分な遺伝的な類似性がありますか? 
A3.はい、全くその通りです。 

Q4.リラ人と、ベガ人タイプの間では、どうなのですか? 
A4.我々は、もしあなたが任意のリラ人、及び、任意のベガ人を連れてきたなら、60%のチャンスで誕生が、あらゆる変更なしで成功するであろうと言えるでしょう。 

Q5.結果は、どんな感じでしたか? 
A5.ある方法において、貴方がたの惑星上における典型的な民族の様です。今、我々は、あなたの惑星上における繁殖についてのアイデアを得ています。貴方がたの惑星上に おいて2系列が活躍中です。ベガの王の家系、実際にどちらかが手を変えた。そして、今シリウスの王の家系、しかしベガの遺伝子、リラの王の家系。歴史の至る所で相互に異種 交配することは、それらの家系を統一することの試みでした。従って、殆ど操作なしに、そこで2つの間の如何なる交配も、主として基本的に成功するのは尤もである。 



「オリオンの帝国」


「オリオン」は、この宇宙の他のETとの多くの破壊的な戦争において、そして、彼等が多くの矛盾にも従事し、我々が人類の銀河遺産、リサのプリズムの導入として使用し た本の中において見た様に、神秘的なUFO/ET文学の大部分においては、非常にネガティブな評判を持っています。他の神秘的なソースは、過去30年の間にアブダクションを通して、多分人類に最も接触を持ったグレ-は、ゼ-タ・レティキュリとして知られていて、オリオン星座に隣接する星団系から来たことを我々に通知しています。一方では、 グレ-の多くは地球上において、人類社会を長い世紀の間に巧みに操作してきた多くの証拠があった事を示しています。ゼ-タ人は過去40年の間に地球上に到着し、米合衆国の 影の政府、及び、おそらく他の地球の政府と共に条約を結んだと考えられています。ゼ-タは、明らかに、上で述べた多くのレプタリアン (爬虫類) のグレーより、更に昆虫類で ある遺伝
的な基礎を持っています。グレーの全ては、彼等自身の中に彼等自身の階層を殆ど確かに持っています。大部分のグレーは、彼等自身は召し使い、又は、リジ-の傭兵、 又は、レプタリアン (爬虫類系) の種族です。 

グレー、又は、彼等の大部分は、オリオン帝国として知られてものを作り上げています。リジ-とは、彼等が過激なレプトイド連邦と呼ぶもののメンバーです。オリオン帝国、及 び、過激なトプトイド連邦は共に働き、そして、他の退行するETを支配しようと企んでいます。そして、地球を含むこの宇宙の多くの惑星を制御しています。その上、彼等が行 なった、彼等の運命的干渉の結果として、人類の身体の中に具体化されるオリオン星座を起源とする実体である、多くのゼ-タ・レティキュリがいます。私は、オリオンと彼等の 親和性、又は、グレ-さえも、そして、彼等は、霊的に目覚めた人々であり、そして、殆どの場合に、何故彼等がいまここにいるのか、少なくとも記憶し、又は、感じる少数の人 々に会いました。背の低いグレーは、更に背の高い7-8フィートのグレーによって、彼等自身の階級の中で監督されています。これらのグレーは、人類政府の上層部と秘密の条 約を結ぶ事の様な、「外交上の」任務を実際に実行するものです。グレ-は、一般的に、そして特に背の低い3-5フィ-トのグレ-について述べられている様に、外国人傭兵に 例えられます。
グレーは、グループとして、遺伝的に幾分弱いように思われるでしょう。それらの大部分は、生殖器を持たないと伝えられ、そして、性的に繁殖することが出来ないのです。グレ ーの間の再生は、クロ-ン (無性生殖) プロセスによって、主として研究室で行われます。クロ-ン (無性生殖) によって、我々自身の地球の科学者が、蛙のような単純な有機体 を「製造」し得ることを記憶していてください。従って、更に古い種の存在が、彼等自身の様な、もっと複合的な存在をクローンに出来るのを想像することは容易です。しかしながら、彼等は、過去において彼等の種が行なった遺伝子工学や、過去にあった核戦争、数千の有害な効果、何百万年に亘るクロ-ン、我々、又は、彼等が他の事は勿論、気付いて いない他の理由によって、彼等の歴史のコース上で遺伝学上弱い種になりました。我々は、我々の調査の焦点をグレーの形而上学の、そして、霊的開発に向けることによってグレーの遺伝的、又、他の弱さについて更に学びます。我々は、既にグレーが、どのくらいこれらの能力が自然の進化の結果であるか、又、それがどのくらい先進テクノロジ-の結果 であるかなどの質問があるように思われるが、壁を通過して歩く、及び、知的テレパシ-の様な、驚嘆すべき形而上学の能力をしばしば示すことを理解しましたバレリアンにおいて、我々は、人類に関連している多数のグレーが、彼等のリジ-・マスタの様に、人類の知っている第3次元を越えた次元の存在である事を読みました。我々が「次元」と呼ぶも のは、しばしば形而上学の文学に「密度」として言及されます。 
人類と相互に作用する、多くの第5次元、及び、第4次元のグレーがあります。第5密度の存在は、身体を持ちません。しかし第4密度の存在、特に下層の第4密度の存在は、人類の第3の密度の存在して身体が現れます。実際、第4の密度のグレ-は、第3次元、及び、第4次元の間を通過する事が出来ます。丁度、前述のパラグラフを換言しますが、形 成する身体が存在しない (彼の見方による) ので、第5次元「リジ-」は、存在しません 。第4次元の形態の相違は、主要な星の多い出入り口を操作し、 (プレアデス、シリウス 、オリオン等) そして、それらの光の存在は、第5次元内の形態の創造から起こります。第4次元のグレーが、人類が第4次元 (アストラル面) に気づくのを支援するということ です。私が交わしたあるチャネリングにおいて、例として、インターネットが第3次元から第4次元への典型的な移行テクノロジ-であるということが指摘されました。ここ地球上の難解なソ-ス、及び、神秘的伝統は、人類が、我々の十分な霊的潜在能力に達するために、相互、及び、全ての創造物のために愛、及び、同情に基づく社会を開発することを 示唆します。 
愛、及び、同情は、グレーを含むべきです。我々は見てきた様に、彼等の物理的実在から感情を遺伝的に設計された幾分哀れな、死にかかっている種族です。この事は、我々が彼 等の極悪非道の行動に耐えなければならないことを意味しません。そして、我々が彼等の悲しい、物理的、且つ、精神的状態から、彼等を救う責任がある事を意味しません。更に 高い霊的レベルに関して、これらの退行する地球外生命体は、ここにいるかも知れません。事実、光に向かった我々自身の進化を急ぐことであり、そしてこれらの宇宙人と我々の 影の政府の象徴である暗黒の形成を取り去る事です。
上記のこの最後のパラグラフは、どの現実が重要なのかを、非常に正確に指し示しています。二元性を理解することであり、 それの中で欲望を満たす事ではありません。我々は、対等に我々の真の力で成長しなければなりません。我々人類は、物理的存在の様に、濃密な実在の中に具現化された霊として あるばかりではありません。精神は同等です。それらの表現は、どの形態を取るかによって左右されます。 




「11:11 と ソラ-ラ」


オリオンへの他の接続は、ソラ-ラがしました。1992年1月11日に11:11の活動を開始した素晴らしい女性です。私の見地から見ると、EL-AN-RA (ミンタカ、アルニラム、アルニタク) から彼女が言っている様に、彼女は、オリオンか ら発生した彼等の犠牲者パターンを癒す必要があった人々のために主要な統合ワークを していました。ANが星の多い出入り口表す二元性の様相の統合を表すので。11:11に出席した人々は、彼等の第4次元/第5次元の身体において、統合を必要としました 。ある人々は、彼等の現在の具現化の目的の記憶を誘発しました。それから、彼等の記憶力を放出することによって、全体の大量の意識の振動、及び、認識を増加するために、多 くの目覚めた星の種を許しました。90年代前半から現在迄の多くのプロジェクトは、本来11:11の準備が非常に早く起こる事を可能にしました。とりわけ、彼等が保った自 己判断力と深い罪深い事から回復するであろう、これらの天使の宇宙種に感謝している。さて、それが当面のオリオンにおける全てです。私は、後でより多くの情報を加えるでし ょう。 

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ホーム