プレアデス星人の世界

プレアデス星人を中心とした異星人たちの技術や考え方を掲載します。

スポンサーリンク

Lyrae

「リラ人」


我々は、まず最初にリラ人と呼ばれるグループからスタ-トしたいと思います。我々は、彼等の種族中にある、様々な小グル-プに関して、又、貴方がたの祖先の多様性に関して 、おそらく更に拡張された見地から、幾つかの基礎的情報を伝える予定です。勿論、貴方がたの世界が持つ多様性おいて反映されます。同様にして、我々は更に、彼等が他の銀河 の種族の幾つかを形成するのに役立つ事によって、ベガの文明をもたらすでしょう。それでは、リラ人(年代順に戻る)について始めます。物理的な最初の印象として、リラ人は幾 分小さいと思われるでしょう。事実、貴方がたの現在の平均的人間よりも小さいのです。しかし、文化が発達したことで、彼等の体験と、遺伝子の構造が変わり始めましたので、 彼等の物理的特性は、更に拡大し始めました。 



「リラ人の巨人種」


彼等が貴方がたとコンタクトを持っていたので、我々は、これらが貴方がたにとって最も多い事柄である、宇宙探査において非常に活動的であった幾つかの初期のグループを、あ なたに伝える予定です。最初は、我々がリラ人の巨人種と呼ぶ遺伝子タイプです。第3次元と第4次元に存在するこれらの実体 (勿論、貴方がたの様な物理体) は、コ-カサス白 人タイプです。彼等は、主として明るい肌、明るい目、そして、明るい色の髪を持っています。最も暗い毛は、幾分普通ではないものの、中間の茶色です。物理的身体は、メゾモ ルフに例えられるでしょう。基本的に均整の取れた筋肉質の身体です。我々が話しをている実体のグループに応じて、身長が6-9フィートあたりでしょう。最も小さい存在は6 フィートの範囲内 (男性と同様に、女性も) にあります。これらの実体は、一般的に太陽系に同じく存在する高い重力場、及び、密度の高い電磁場の覆いを持つ惑星上において、 遺伝的進化の長い周期において、このサイズを発展させました。この事は、我々が、実体と言う最も旺盛な創造力を増大しました。これらの実体は、幾つかのギリシア神話におい て、そして又、聖書的巨人神話において反映されています。これは、貴方がたの文明が、まだ遺伝子細胞の記憶を持っているグループの内の1つです。この特殊なグループは、貴 方がたに関係のある、神/崇拝者を形成し始めた初期のグループのうちの1つでした。あなたは、これ以上フォロ-しますか? これは、貴方がたの宗教芸術、及び、建築技術 ( 非常に大きいドアと、窓を持つ) における幾つかの表現の理由の内の1つです。この特殊な人種上の構造におけるこの様式は、人類の霊魂の中に非常に深く存在しました。これら は、原初の神。又は、少なくとも貴方がたに最も大きい印象を与えた存在でした。 



「赤毛のリラ人」


彼等は赤毛のリラ人であり、この巨大な種族から分岐した他の種族です。彼等の毛髪は、いちご色のブロンドがかった赤色でした。肌の色合いは、非常に、非常に明るい。彼等が 生じた惑星のために、これらの実体は、彼等の肌を自然の光の、或る周波数に晒す困難を体験しました。いくらかは、平均的な人間のサイズであったけれども、これらの内のいく らかは、身長において同様に巨大でした。貴方がたが、貴方がたの世界で見るよりは、緑色の異なる特質ではあるが、目の色は、貴方がたが現在、緑色であると思うものの様に一 般的に明るいものでした。これらの実体は、最初のリラ人の先駆者の内の幾つかでした。 (先駆者と言うのは、赤毛は侵入者、略奪者、及び、リラ人遺伝子型の基礎的な大破壊者で あると考える多くの世界がありますので、非常に適切な言葉です ) 

我々は、同様に彼等の現在の状態がそうであることについて話していますか? 

そう、彼等が貴方がたの地球面と相互に作用したので、我々は、遠い過去についてある程度、話しています。これらの実体は、まだ存在しています、しかし、数の上でか なり少ないのです。我々は、貴方がたの最も近い神話の残余が、貴方がたの古代スカンジナビアの神話にあると言っています。バイキング等。神話の幾つかは、両方に影響された か、又は、この赤毛のリラ人の種族と相互に作用し合う実際の地球の存在達でした。これは、巨人ほど一般的ではないが、貴方がたの世界でとても一般的な相互関係があった訳で はありませんが、しかし貴方がたの神話の中においては十分一般的でした。 

彼等は、少数の赤毛のプレアデス人と、何らかの霊的、或いはエネルギ-的に関係があったのですか? 

明らかに、プレアデスには、赤毛のグループの名残があります。そうですね、最も確かに遺伝的な関係があります。そして、もし遺伝的な関係があるならば、常にエネル ギ-的な関係があります。暴力を行なうプレアデス人が住んでいると考えるのは、かなり難しいです。しかしもしその攻撃的な傾向が何らかの方法で、他のエリアに向けられたと したら。それは、エキサイティングにチャネルされます。プレアデス人のバ-ジョンは、もっと水増しされて言われています。 (もしあなたが望むならば、我々は、後ほど得るこ とが出来ます。) しかし純血種の赤毛は、非常に攻撃的でした。暴力的で、情熱的で、そして、ある程度非常に反抗的でした。彼等は、巨人のリラ種族を彼等の親と見なし、そし て、彼等は、その概念に対して反抗していました。彼等は巨人の種族の道徳が、彼等の現実を侵害してきたと考えたので、彼等は反抗していました。我々は、これがそのケースで あったと、認識していません。しかし、これは貴方がたの銀河ファミリーを体験する必要があった他の言い回しでした。 

これらの赤毛の人々は、自然に赤毛として進化したか、又は、系列に沿ったどこかで故意の操作があったのですか? 

分離して、そして、探検に行った巨人の種族がありました。初期のグループは、1つの特定の惑星を植民地にし、そして、時代を経て、惑星に自らを適応させました。彼 等は、大気と同様に、惑星の特定の鉱物の内容に適応しました。惑星の大気の特定の波長によって、突然変異は更に赤い色合いになって身体か引き締まりました。更に反抗的考え 方と結合して、特定のサブ遺伝子タイプを創造し始めました。特別な種族は、何らかの方法でファミリーの中で軽視された様に、感じたに違いありません。 

口語体で話すなら、彼等は、肩でチップを運んだのですか? 彼等は、彼等が証明するための何かを持っていた、と考えましたか? 

我々は、それをとても正確に、はい、と言えるでしょう。我々は、これを少し軽く言います。しかし、これは、貴方がた全体の銀河の歴史の物語です。彼等が母集団に同 意しなかったので、大部分のグループは、分裂しました。このようにして、銀河の種としての貴方がたの大部分の体験は、対立 / 不一致、及び、正しさの試みに基づいています。 



「赤毛のコーカサス人の小グル-プ」


今までのところ、貴方がたは、巨人、及び、赤毛の系統を持っています。そして、赤毛の中に、貴方がたは、2つの小グル-プを持っています。1つは巨人サイズ、1つは平均的 サイズです。同じく、リラ人の中に明るい肌、明るい色の目 (暗い目の色はおそらく明る い茶色だった、しかし普通ではない)、 殆んど白色から明るい茶色までの範囲の髪の毛 ( しかし、茶色の範囲におけるいずれもが、普通ではない) の、我々がコ-カサス人と呼ん でいるものの血液型を持っています。これらの実体の身体のタイプは、神霊体 (薄い) か ら筋肉質 (筋肉で出来た) まで何でもあります。これは、最も幅h3の広いカテゴリです。貴方がたの遺伝的な祖先の大部分は、このコーカサス白人系の部類から来ました。貴方がた の多様性は、いくらかの巨大族の影響力と同様に、いくらかの赤毛族の影響力で始まりました。しかし、それらは、1番目のコーカサス地方の影響力と比べると2番目です。現実 の内部構造に関しては、その情報は不必要である。それは長ったらしく、且つ、今直ちに直接関係があると言うことはありません。我々がこの情報を伝達するために持つ要求は、 生データに対してそう多くはありませんが、如何に貴方がたの惑星が、その様なグループの多様性を達成したかと言う貴方がたの理解に対してです。従って、我々は、内部の構成 より、むしろ外観に固執しています。 



「暗い肌のリラ人」


他の1つのグループがありました。とても希に人類のタイプがいました。しかし、その上貴方がたの世界と相互関係を持ちました。これは、容貌においてコ-カサス人でした。し かし、肌はかなり明るいチョコレ-ト色で、身体全体が非常に均一です。貴方がたは、それを非常に心地よく、魅力的な色合いであると考えるでしょう。目は、黒ではなく茶色で す。ある者はグリ-ンでした。そして、髪の毛は、黒ではなく、ダ-クブラウンでした。このグループは、インド、パキスタン等の地域で、貴方がたの惑星に対する影響力を持ち ました。ここでの彼等の訪問において、関心の持てる最初の地域でした。貴方がたの世界にある種のどれもが、これらの種の何れかの純粋な延長ではありません。貴方がたの世界 の全ての種について、当然の幾らかの混血を持ちました。しかしながら、我々が暗い肌のリラ人と呼ぶ、この最後の種は、平和主義者であると考えられました。彼等の心理学的性 質は、極端な消極的穏かなものの1つでした。彼等から感情的反応を得ることが非常に難しかったので、人は彼等を活気がないと考えるかもしれません。貴方がたは、古代のサン スクリット文学の幾つかの中に、これらの個々の記述に関する幾つかを発見するでしょう。たちまち、我々は、ベガ人の影響力について話すでしょう。しかしながら、我々は、こ の最後のグループ、暗い肌のリラ人が、我々が話す幾つかのベガの遺伝子型と同じもの、異なる遺伝子の構造を持つ人ではない事を明瞭にすることを望みます。 

それは、リラ人とは遺伝学的に完全に異なるでしょうか? 

このグループは、リラ人を基本としています。 
そして、後で貴方に話すでつもりのグループは、リラ人とは考えられないでしょう。



「鳥の様なリラ人小グル-プ」


その通りです。彼等は、見たところは同じ様に見えるかも知れません、しかし、基本遺伝子は異なります。哺乳動物を意味するヒュ-マノイドであるリラ人のエネルギーを経て、 彼等のエネルギーを表した他のある形態を表す必要性があります。しかし貴方がたがヒュ-マノイドとして知っている外観とは異なっています。これは、同様に貴方がたのある神 話では説明していました。それにも拘らず、リラ人の本質 (母集団であるリラ人) へ方向 づけられる、哺乳動物である実体の1つのグループがあります。そして容貌はヒュ-マノ イドとは非常に異なります。1つの特別なグループは、あなたが宇宙人と呼んでいるものと類似しています。これらの実体のボディタイプは、貴方がたが神霊形態と呼ぶものです 。、非常に薄く、大抵脆く、そして、鳥の様です。これらはまだ哺乳動物であるけれども、顔の構造は、尖って、シャ-プで鳥と類似している。目は、鳥の様です。頭の毛は、羽 毛ではありません。しかし、貴方がたがそれに触れていないならば、羽毛と類似しているが異なる品質です。或いは、それに極めて似ています。それは同様に、羽毛の様に見え、 礼儀にかなったある方法で、愛情がこもっています。これは、意図的ではありませんでした。しかし、彼等自身の表現です。これらの実体は、非常に冷静で、そして、知的です。 彼等は、主として、彼等自身、科学者、探検家、及び、哲学者と考えています。彼等は、銀河の政治に従事しません。しかし、彼等は旅行し、そして訪問します。彼等は、最も影 響力のあるシュメール人、エジプト人の幾つかの文明の間で、貴方がたの地球上のここにおいて、相互関係を持ちました。貴方がたがインダス渓谷と呼ぶものと、相互関係があり ました。これらの実体は、皮肉な方法で、貴方がたの人々の神話に登場しました。彼等は、鳥生物ではありません。彼等は、外観は鳥の様な哺乳動物です。我々が地球面上で、い ま貴方に問題となることを討論を制限したので、我々は、このポイントまでに全くこれらの実体について話しませんでした。これは、好奇心です。しかし、少なくとも当面は、彼 等は、貴方自身を明らかにする事を続けるために、見る必要がある有意の何かを表明してはいません。 



「猫の様なリラ人小グル-プ」


もう1つの他のリラの小グル-プは、同じく哺乳動物で、そして、貴方がたがヒュ-マノイドであると考えるものです。しかし、貴方がたの世界で、貴方がたが猫の王国と呼ぶも のと類似する物理的外観をしています。彼等は、猫人ではなく、猫のような特質を持つヒュ-マノイドです。彼等は、非常に機敏で、そして、頑強です。もし貴方がたが猫の鼻を 想像し得るならば、鼻は、優勢ではなく、猫の様です。耳は、人類的でもなく猫のようでもありません。しかし幾分交差しており、少し鋭いです。非常に多くはなく、しかし、少 くもない。口は、非常に優しく、そして、小形です。 (地球外生命体が、人類の顔を見る ときは何回も、彼等にとって人類の顔は口によって圧倒される。) これらの猫のような実 体は、非常に小形で、精密で、そして貴方がたが上品な口と呼ぶであろう口を持っています。目は、非常にくっきりして、瞼があり大きく、そして、猫のようです。再び、これら の特質は、彼等自身を時代を超えて、特定の環境において進化し置き換えました。彼等は、毛が生えていません。しかしながら、彼等の固有の惑星に、厳しい紫外線放射のために 、肌が桃色のうぶ毛で覆われていると考えるであろう保護層があります。それは、肌を単純に保護しました。貴方がたの世界では、猫人と言うこれらの実体との原始的な相互関係 を報告するかもしれないが、彼等はそれらではない。彼等は、ヒュ-マノイドです。非常に初期に、我々のものが行ったより、これらの2つのグループの進化は、異なる方向をと りました。 

もし彼等がリラ人の起源であるならば、その時、我々はこれらの発展が、何百万年前に我々のブランチから分離したと、話しているのですか? 

ええ、その通りです。彼等は、それほど多く貴方がたの人類のドラマに関連していません。これは、リラ人の機能障害と、矛盾の否定から来ませんでした。それは、簡単 に彼等の興奮が他の方向に行ってしまい、そして、彼等がそれらの方向において発展したことです。彼等は、しばらくの間、貴方がたとの接触を持っていました。彼等は、貴方が たが少なくとも、遺伝学的にファミリーの全ての一部である事を認識します。そして、交信のためにラインを開いた状態に保つために、単にアストラルのレベルに関して、貴方が たにしばしば投影される彼等の社会の中には個人があります。しかし、当面は貴方がたの文化の間に、多くの相互関係の必要性がありませんでした。 



「リラ人の目について」


我々はその上、貴方と交信したリラ人、ベガ人、及び、他の地球外生命体の文明について、ここで作成したいポイントがあります。それは、彼等の目に関するものです。主として 、それが傾斜、形状、サイズ、色、又は、彼等の反映を通していようとなかろうと、目は強調されています。彼等は、通常、非常に明快です。もしも、貴方がたが、貴方がたの神 話を検索するならば、多くの文明は、目を強調しました。最も著しいのはエジプトの文明でした。これは装飾として出発したのではありませんでした。しかし、神の模倣として、 人類を更に神と同様に、同じ位い神を崇めるようと試みています。ずっと、なぜ目が強調されたかについては、関連性の損失がありました。それは、元来神のためでした。ここで 言う神は進化した人類の祖先であり創造ではありません。彼等は当時高度に進化した自分達を、神、ヤハウエ、エホバなどと呼び、被支配民にもその様に呼ばせていました。 

従って、我々の目は、ファミリーの残余との比較において、非常に小さいように思われますか?

もしも、貴方がたがそれらの話を記憶しているならば、我々は、ホモサピエンスの創造における遺伝子操作について、リラ人は彼等として貴方がたを創造することを望ま なかった、と告げました。彼等は、貴方がたを彼等と同等に創造することに関する、ある一定の業績を持っていました。従って、選択の内の1つは、目の創造にありました。更に 貴方がたに類人猿の目の特質を与えるために。 

貴方がた、我々が類人猿によって何を意味するかを理解します?類人猿の特質を保持するために? 

類人猿の目の特質を保持するために、貴方がたが鏡の中を覗く時、貴方がたの遺伝子の記憶が類人猿を記憶しているので、猿はある程度、最も骨の折れる事の1つなので 、彼等は貴方がたに行いました。もし貴方がたが、貴方がた自身の目を見るとき、神の目を持っていたならば、貴方がたは神を見るでしょう。興味深いことです。我々が鏡の中を 覗くとき、我々は過去を見ます。一方、彼等は少なくとも象徴的に、遺伝的な反応で未来を見ます。その通りです。それは、元来その意図でした。貴方がたが前方を決して見ない で、あなたの背後で常に見ているように。シリウス人がリラ人からのプロジェクトを引き継いだとき、それを変える事は、あまりにも遅過ぎたのです。従って、ある程度、シリウ ス人は、神の記憶として目を強調する貴方がたの実践を奨励しました。従って、貴方がたは、貴方がたの祖先を忘れないでしょう。彼等は、貴方達が決して忘れない様に、貴方達において記憶を刺激するために、時代を超えて多くの事をしました。 

銀河の他の地域に文字通り分岐した、我々と歴史的に関係がないリラ人の進化の、他の系列がありますか? 

はい、あります。しかし、リラ人の進化の大多数は、貴方達と共に結ばれてい ます。例えば、我々が話した鳥の様で、そして、猫の様な実体は、他のグループによって 彼等自身の併合を持っています。彼等は、他の文明の進化発展の一部です。我々がリラ人の基礎的な遺伝的構造がこの場合全ての母であることを、ここでもう一度強調することが 重要です。しかしながら、我々は、それが更に、それ自身の遺伝子型に関して、取る事が出来る意義のある十分な存在としてベガを識別します。非常な初期に、リラ人から他の方 向へ分岐したこれらの実体は、彼等自身の唯一の遺伝子型を形成するために、彼等自身の進化を通して、彼等自身の体験によって始まりました。 



「リラ人の歴史」


プレアデス人は、それを展望出来る状態にするために、簡単な歴史を提供しました。提供された説明によれば、リラ人は、我々の進化の生命の流れの支流における祖先 (少なくと も我々には) でした。何千年も前に、高いテクノロジ-レベルに到達したリラ人の文明は、それで彼等は宇宙を旅行し始めました。彼等は、自由意志の人間であり、そして、それ らの運命の制御を経験しました。時代のあるポイントにおいて、彼等は意見の不一致陥り、そして、異なる主義主張、及び、異なるゴール、目的を持つ派閥に分かれました。彼等 は、結局戦争に行きました。そして、彼等の社会の大部分を破壊し、そして、彼等の家庭を台無しにしました。現実逃避者は、先手を打って予期された結果を回避するために、彼 等の母国のシステムから外部へ逃避しました。そして、我々がプレアデス、及び、ヒアデスと呼んでいる星団系に住処を見つけました。同じく彼等は、すぐ近くのベガに行きまし た。数千年の間に、彼等の社会を高いテクノロジ-のレベルに上げ、そして、もう一度宇宙に旅行する事が出来ました。リラ人の先祖の幾らかのプレアデス人は、彼等の旅行にお いて、非常に住み心地の良い大気を含んだ発展する我々の惑星、及び、その初期の生命を発見しました。 

彼等は留まり、そして、後期レムリアと早期アトランティスにおいて暫く定住しました。あるものは、地球生物交わり、そしてあるものは地球人になりました。離れて滞 在し、純血を保った人達は、間もなく急速な進歩を遂げたテクノロジ-を駆使して、多くの素晴らしい機械と機器を設計し製作しました。また、あらゆる種類の便利なものや快適 な状況を創造しました。再び、彼等は夫々驚嘆すべきテクノロジ-を所有して、矛盾に至り、社会は2つの陣営に別れた状態になりました。結局、彼等は、戦争に行き、そして結 果は恐ろしい破壊を生じました。逃げ出せるものは、宇宙の他の領域に逃避して、そして、再び全ての事を最初からやり直さなければなりませんでした。それらの或る存在は、同 様にして、時おり我々を今でも訪問しているのです。長い長い年月の後で、プレアデス人の新しい人達は、恐ろしい戦争から生き残った彼等の先祖の子孫をチェックするために、 地球に到着しました。彼等は、生存者を発見し、再び、彼等はそれらと交じり、又、祖先の残した遺産を制御して、そして、新しいテクノロジ-を製作する際に地球人類を支援し てきました。プレアデス人の援助を受けたこの社会こそは、空中や水中旅行を可能にするレベルまでテクノロジ-を進化させた、後期アトランティス人の社会であった。しかしこ の文明も地球上の戦争で破壊されてしまいました。現代のプレアデス人は、天文学がその名前に与えた星団グループに定住した、平和な派閥の子孫です。今我々を訪問しているベ ガ人は、ベガ星団系の惑星に定住した他の平和なグループの子孫です。 

リラ人の子孫は、矛盾の段階を越えて長期に進化しました。今我々の福祉に興味があり、そして、我々が彼等自身の好戦的性格を反映しているので、特別な責任を我々に 感じています。彼等は、彼等の多くの矛盾の歴史を忘れ、そして、数回に亘り彼等自身を破滅させ、又、毎回それらの大きいテクノロジ-の進化を失いました。その話によれば、 彼等は、我々の太陽系における他の住み良い惑星に定住しました。太陽から第5番目の惑星は、手におえない状態になったために、核兵器の戦争において実際に破壊されました。 どのように我々が核科学を用いるとしても、これは、彼等に関係する一部なのです。これらのリラ人は、プレアデス人、及び、ベガ人、及び、他のものにおける彼等人類と同じ従 兄弟同志なので、いま確かな方法による援助や支援をしているのです。従って、我々は、リラが進化において遥かに古いが、彼等があるテクノロジ-において、少しその他に先ん じているだけで、又、他のものが遅れているのです。そして、彼等の従兄弟によってその方法に沿って支援されつつあることを理解します。この様に、多数の人類の様な地球外生 命体が、同じ様な時代に現れていると言う訳である。いくらかは、実際の進化において連結され、そして、明らかに共通のソースを持ちます。我々の再発生しているテクノロジ- は、今彼等の注意を引き付け、そして、彼等は我々の意志選択に従って観察し、そして、支援するためにここにおります。リラ人の種族は、少なくとも2200万年前に誕生し、 やがてリラ星の文明は、テクノロジ-が高いレベルに達し、彼等は宇宙空間へ移住の旅を始めました。彼等は、創造がそれを造ったのではなく、創造それ自身が最初の原因そのも のであると信じています。彼等は、創造を普遍的な知識、普遍的な英知、普遍的な精神と見なしています。 

彼等は、彼等に知られているものは10億の創造形態があると、マイヤ-に告げました。彼等は同様に、地球上の我々の古代の社会が、地球を訪れている古代のリラ人の 子孫である彼に告げました。彼等は、ここに定住しました。そして、その時代において、陸地の全てを包囲する神話の最初の大陸で、ハイパボリアでの肉体的生命を観察しました 。これは、以前に地球人類が肉体的進化を始めたことでした。これらのリラ人の子孫は、再び遅れて来て、そして、次の新時代の茅を出しかけた社会を助け、そして、それらの名 前をレムリア、及び、アトランティスに与えました。同じくその時において、同様に地球を訪れたバウイと呼ばれる他の星団系から来た、他の存在がありました。バウイは、身長 が2.5-3メートルの存在の種族でした。身長が7-8メートルあった地球を訪れた1つの存在がありました。彼等は、足が長さ90-93センチもあり、そして、化石化した 足跡は、まだ存在するはずです。我々がイ-スタ-島と呼ぶところには、想像を絶する様な、10-11メ-トルの身長をもった巨人族の特別な種族がありました。彼等は、完全 に肉体的存在だった訳ではありません。ハイパボリア、アガルタ、 ムクリア、それに、アトランティスの全ての歴史が、プレアデス人によって書き留められてきました。宇宙で の拡張滞在において、マイヤ-は、発展の初期の段階における生命により、他の大気の惑星を示されました。 

彼は、ディノサウルスの様な生物、非常に霧の深い黄金色の大気において、遠方に急勾配のピラミッドと毛皮を着たずんぐりした原始的生命を発見しました。彼は、この 惑星が地球から770光年であると言う事を告げられました。プレアデス人の説明によれば、リラ人は、反逆者として彼等のシステムを離れ、そして、プレアデス、及び、ヒアデ スに安住の地を見い出しました。彼等は、地球に後から来て、そして、地球人と交わりました。地球人は、それから現在ハイバボリアとして知られている、古代の単一の大陸の残 りに住んでいました。これらの存在は、地球上のここで先進テクレロジ-によって文明を生み出し、そして、開発しました。彼等は、ここでも互いに戦争に巻き込まれる様になり 、そして、派閥は、去りました、そして、プレアデス星のエラに進みました、そして、他のものは、他の太陽系の惑星に行きました。彼等がマロ-ナと呼んでいた、太陽系の第5 番目の大気の惑星へ。彼等は、この惑星に落ち着き、そして、そこで人類の生命形態と交わりました。地球、及び、マロ-ナ双方に落ち着いたリラ人の子孫は、好戦的種族あり、 そして、彼等は、それらの好戦的傾向を広めました。マロ-ナ人は、恐ろしい原子の大虐殺において、挙げ句の果てに彼等の惑星を破壊しました。我々は、同じ事をす るでしょうか? 

生き残ったリラ人は、何千年もの間、離れていました。次の世代は他の時代に地球に戻り、又、再び互いに戦い始め、そして、再び彼等は離れました。これは、まだもう 一度繰り返され、そして、今、それらの子孫は、再び地球、及び、彼等の先祖の生き残っている子孫を観察しています。リラ人の反逆者は、いま更に高い霊的レベルの存在に達し 、そして、矛盾、及び、戦争にもはや耽りません。彼等の先祖は、地球上で今見つかった人種上の変化に対して責任があります。従って、我々は、我々、及び、プレアデス人、及 び、ベガ人、及び、ヒアデス人からここに来る他のアダム的存在がある意味では、全てリラ人の子孫であり、そして、我々が共通の遺産によって連結されることを理解します。現 在のリラ人の訪問者は、彼等の更に高い精神性と共に、ここで彼等の古代の余り精神的ではない先祖によって残された、幾つかの効果を取り戻そうとしています。それらの発達不 十分な精神性による更に年上のリラ人の先祖は、停滞に陥り、そして、それらのテクノロジ-の大部分を失いました。プレアデス人は、今彼等が1度持った驚嘆すべきテクノロジ -へ向かう途中で、背後から彼等を援助しています。ベガ人、同様に古代のリラ人の子孫は、同様にリラ人がいくらかのそれらの古い進んだ科学を回復するのを援助しており、そ して、ある新しい人達にそれらを伝えています。プレアデス人は、ダル人によってかなり助けられており、又、これの内の幾らかをリラ人に伝えており、そして、他の方法におい てはリラ人によって交互に助けられつつあります。ダル宇宙とは、地球人にまだ知られていない宇宙に属するもので、アコン太陽系にあります。 



「リラ座ベガ人の文明」


ベガは、リラ座における最も明るい星で、13000年前に、それは北極星でした。その26000年サイクルにおける、地球の春分点歳差のために、ポラリスは、現在北極星で すが、13000年の間にベガが再びポラリスとなるでしょう。それは、地球から約26光年離れています。ベガの種族はル-ツを辿ればリラ座(琴座)の種族にあると言われて います。リラ座における、ベガ人の遺伝子タイプは、比較的変種が少ないです。我々が標準的なベガ人と呼んでいる、ベガ遺伝学的に主要な小グル-プ群は、身長が約6-7フィ ート (男性、及び、女性)、暗い肌、非コーカサス人タイプです。概して言えば、皮膚は、薄く殆ど層がありません。肌は、人類の肌の様にソフトではなく、非常に堅く、寒さと 同様に熱と高レベル紫外線の照射に耐える事が出来ます。非常に頑強で、そして、更に耐久性のあるヒュ-マノイドの存在です。一般的に、殆どのベガ人の毛髪は、元来は黒です 。そして、色合いの範囲は、暗い茶色 (普通ではない) の光の中間点、及び、緑色を帯びた暗い黒色としての標準の黒です。その範囲は頻繁に変動します。様々なベガ人の種に応 じて、注目に値する興味深いものは、ある者は全く毛髪を持っておらず、又、個々の種に応じて、ある者は十分な毛髪の頭を持っています。肌の色合いは、何処でも明るい茶色 ( 殆どベージュ色) から非常に暗い茶色まであり、その色合いの範囲において何れも、貴方がたの惑星上で呼ぶなら (貴方がたの専門用語では) 黒人、或いは、インド人 (貴方がた の土着人) の何れかでしょう。従って、東洋のインド人のある者は、極めて暗い茶色であり、対照的にアフリカ人グループのある者の肌色は、非常に黒く、殆ど石炭状黒色なので しょう。概して言えば、石炭状黒色は、ここ地球で生まれた貴方がたの故郷ベガの特質なのです。それは地球において非常に異常に感じられま。同じく貴方がたは、いつもではな いが、しかしある者はそうなのですが、肌がもっと多くの内部収縮した特質を持っている事が分かります。 



「ヒュ-マノイド型ベガ人」


我々は、基本的にベガ人遺伝子タイプを、僅か2つのカテゴリに分割するつもりです。1つは、ヒュ-マノイドであり、又、1つは、非人類であり、そして、これらは、遺伝的構 造ではなく外観のみによります。我々がベガ人として、以前に貴方に述べたものは、ヒュ-マノイド型です。一般的に、貴方がたは、目が非常に印象的なヒュ-マノイド・グルー プとして、理解するはずです。標準的なベガのヒュ-マノイド・グループの平均的な目は、非常に大きく、暗い瞳と、虹彩を持っています。目は、一般的に少し傾いていますが、 しかし、それでもまだかなり大きく、又、彼等は瞼を持っています。従って、瞼を持っているが目立たない、ゼ-タ・レティクル人の様ではありません。もし、彼等が貴方がたの 街路を歩いたならば、彼等は非常に異常に見える事でしょう。しかし、貴方がたは、必ずしも彼等が宇宙人であったと考えるとは限りません。彼等は、貴方がたの注意を明確に引 き付けるでしょう。貴方がたは、彼等があるタイプの奇形であったと、考えるかも知れません。これらのベガ人の目は、非常に印象的で、そして、リラ星人の目より人類の注意を 引くのに更に役立ちました。それは、単純に肌の暗さと、それを更に印象的にした瞳と虹彩の外側の白色度との間のコントラスト差異でした。もちろん、暗い毛髪、及び、まつ毛 によるそれらは、彼等の非常に大きい目の周辺に黒い輪郭を持っている様に思われました。我々が話すであろう他の多くのグループは、このベガ・グループや、最も著しいオリオ ンの種族についてです。我々が述べてきた、ベガの遺伝子構造における人類タイプのグループは、非常に広いカテゴリになります。 



「非人類タイプのベガ人」


第2のグループは、非人類タイプのベガ人ですが、しかし依然として人類であり、哺乳動物なのです。我々が非人類と言う時、我々は外観について話しています。特に、これらの 実体の外観は、昆虫の様であるかもしれないし、もしくは、爬虫類であり得ます。(これらは、我々が特にこれらの実体の物理的外観に適用する、貴方がたのラベルです)一般的 に言えば、貴方がたは、肌色の範囲が人類タイプと同じものを適用するであろうと言う事が理解されるでしょう。しかしながら、毛髪だけでなく、同様に肌色も緑色がかった色合 をしている、あるグル-プがあります。それは、あまり明白ではありません。我々は、貴方がたが、あるタイプの緑色の怪物について話していると、考えることを望んでいません 。我々は、緑がかった色合いをそれに与える肌と血流において、銅をベースとした基本的な人類の実体について話しています。目は、非常に大きく、そして、惑星の起源に応じて 、第2の瞼を持っているかもしれません。彼等は、ある場合において、非常に小さい鼻、及び、明白な顎を持っています。顎は、前方へ突き出し (それが爬虫類の外観を表す) 、 もしくは、下方へ突き出し(それが昆虫の外観を表す)得ます。我々は人類タイプの実体について話しています。我々は、外観についてのみ、このグループを非人類タイプと呼び ます。彼等は、依然として哺乳動物です。 

これらの実体は、貴方がたと共に地球プレーン上との通信を持っており、又、爬虫類の怪物、或いは、冷酷な宇宙人等について伝わった、幾つかのそれらの話に関して責任があり ました。(人間が恐怖にある時、未知のものに遭遇する時、しばしば体験を誇張します)これらの実体は、貴方がたに遺伝学的につながっています。彼等は、哺乳動物としてまだ 繁殖します。基本的な遺伝子構造は、貴方がたが銀河のファミリーそれ自身を表す様に、ア-キタイプに反映します。従って、彼等は、依然貴方がたのファミリーの一部です。そ こで、これらの特別な実体について更にあるポイントについて言うことです。しかし当面は、我々は、この爬虫類の事について好奇心を持った、貴方がたのために、単にこの案を 提供することを望みます。彼等は、昆虫ではありません。彼等は爬虫類ではありません。彼等は、ヒュ-マノイドであり、又、哺乳動物です。彼等は容易に貴方がたが行う事と同 じ様には見られません。これらの2つのグル-プは、そう言う訳でリラ人とベガ人の遺伝子タイプは、貴方がた銀河ファミリーの残りが、如何に遺伝学的にそれ自身を表すかにお いて役立っています。我々は、今銀河ファミリーの他の主要なグループに言及し、そして、彼等の遺伝子の遺産が何処にあるかを貴方がたに示唆しています。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ホーム