プレアデス星人の世界

プレアデス星人を中心とした異星人たちの技術や考え方を掲載します。

スポンサーリンク

ダル星人

「ダル星人アスケットの教え」

ダル星人は、プレアデス人よりも更に進化した存在で、プレアデス人の進化を支援しています。セムヤ-ゼとの接触に先立ち、1953年から1964年まで続き、マイヤ-の指 導にあたり、様々な知識を与えた。アスケットからのメッセ-ジは以下の通り。創造は生命と存在の基礎である、創造の力によって我々は使命を遂行しており、この使命は完全に 宇宙的規模であるばかりでなく、普遍的な重要性を持っている、何故なら創造は生命であり存在だからです。使命を成し遂げるために我々の空間と時間の構造と貴方がたのそれら とを、中和させねばならない。それにより宇宙船と宇宙に損害を与えずに調和よく旅行する事が出来る。私達の故郷の世界はダル宇宙のアコン太陽系にあり地球人には、まだ知ら れていない。その幾つかの宇宙は貴方がたの宇宙を取り巻いている。この様な多くの宇宙が別の時間水準と地球人には全く知られていない空間に属している。私達の宇宙は貴方が たの宇宙に対して平行宇宙であり、貴方がたの時間に従えば同じ水準に存在する。我々は学術調査の目的で133年前から地球を訪れている。 

我々の技術の発達により、我々と貴方がたの宇宙の間の壁を開ける事に成功し、貴方がたの時間の中に入る事が可能になった。我々の絶えざる研究によって地球を発見し、地球の 人類の発祥地を見つけた。何故なら地球の人間は地球で誕生したのではなく、祖先は宇宙の遥か彼方、貴方がたが環状星雲と呼んでいる所から来たのです。この銀河こそ地球人類 の真の故郷なのです、地球の先祖の本来の子孫は今日その銀河の太陽系には住んでおらず、プレアデス星と呼んでいる天体に住んでいます。彼らこそ貴方がたの本来の先祖の遠い 子孫にあたります。これらの詳細は20年足らずの内に貴方に明かにされるでしょう。高度に進化した人間の任務は、発達の遅れた人間を責任を持って援助し、より高い力の段階 へ進化させる事で、これは全宇宙の全ての人間に課せられた義務であり、これが創造の法則だからです。我々は貴方がたの知らない宇宙からやって来て、そしてここで義務を果た しています。従って、我々は貴方がたの宇宙で生まれ高度に発達した人間と数年後に公式の会見をする予定です。 

つまり我々は故郷に帰り、別の方法で貴方と会見する事になります。アスケットから伝えられた事は口外できない様にマイヤ-の内部に安全封鎖装置が取り付けられた。これは彼 の責任感、その他によって反応するのだそうである。創造の物である全ての宇宙、天体、生命形態の全存在は、完全な数字の中に埋め込まれており、欠陥の無い完璧な機械のよう に、寸分の狂いもなく活動し生命の発生と消滅を司っている。基本公式は数学上最も重要な3・7・12から成り、これら3つの数字を用いる全ての計算は方程式において常に同 じ解を持つ。その方程式は完全な円であり必ず7×7の倍数になる、数字全体は閉じた輪 であり、その輪は常に数字の3・7・12と7×7の計算によって得られる。と言うのは 原初永遠は完全無欠であり、もっとも小さな物まで完全な円を現わしており、その円は創造が万物の発生と消滅を完全に支配している事を意味します。これを詳細に地球人に説明 する事は禁じられています。何故なら永遠の意志は、進化の途上にある人間がこの偉大な秘密の謎を独力で解明し、勝ち取る事を望んでおり、余りにも早い時期に、この偉大な秘密の知識と英知を手に入れた場合、必ず大きな惨禍を招く結果になる。現在の地球が正にそれで、無責任な宇宙人が (バファタ)若干の地球人の科学者に、ある知識 を伝えたからです、しかし地球の科学者はまだこの知識を理解できない。つまり原子の秘密を漏らし、核兵器を作り爆発させたので、その結果地球の大気は死の雲で充満し、それ 以来全体が被害を受け、気候の変化を招き気象状況の異常が発生した。そして今後人間の生命に悪質な突然変異が発生し奇形に苦しむでしょう。地球人が堕落と破壊の道から離れ 宗教的狂信から解放され、そして利己主義から自己を解放し真理の道を歩む場合に限って、我々は地球人を援助するでしょう。太陽系では、地球以外に人間的生命は存在不可能で あるが、他の太陽系では多くの動物植物は、高度な生命に発達しており、人間も霊的・技術的に高度に進化して、広い宇宙を旅行している。宇宙に存在する人間の多くは不愉快な 感じを与える人類であり、地球人より悪質で野蛮で警戒を要する。 

地球の宗教は人間の霊性の発達を妨げている、生命の生と死を支配する者は唯一創造だけである。創造の法則は万物を包み永久に有効であり、神は人間であり同胞を権力や暴力で 支配しており、神は絶対に創造に成りえない。イマヌエルも神の子であり創造ではなく、創造は決して命令をしない。殆どの地球人は霊的な思考や行為をした事がなく物質的な本 能に夢中で愚鈍ある。 耳たぶの長いのが特徴である。 


「人間の進化段階の法則」

セムヤ-ゼはマイヤ-に「創造の法則と掟」として存在する49段階の「人間の進化段階」の表を与えた。人間は創造と交流し学びながら、無数の転生を繰り返し、やがて創造と 一体化するが、49段階はその階段である。つまり人間の進化とは、この場合人間の本質的な面での進化を意味し、決して物質的科学的な事ではない。物質的科学的進化は、人間 の知能、思想の多様に表現された結果的現象で、その一つ一つは普遍的根源性を持ちません。人間の各進化段階において主要段階は7つに大別され、主要段階の一つ一つは又7つ の細目に説明され、全部で49段階ある。その段階を人生の一生で昇り詰めるのではない。 

霊的人生の説明: 

☆初歩的人生 

1. 知性と霊の初歩的発達 - この段階の人間は理性豊かな人間の立場から見ると、霊的な病気 (白痴) にかかっている人間とみなされる。彼の霊と知性は新しい霊で、まだ知的 発達を遂げていない。学習と経験などによって自己を形成させねばならない段階。 
2. 初歩的な知的-霊的思考 
3. 初歩的理解力 
4. 初歩的知力と霊力の応用 
5. 初歩的理解力に基ずく行動 
6. 初歩的意志に基ずく思考と行動 
7. 理性的な人生の生き方 

☆理性的人生 

1. 理性の初歩的発達 
2. 理性の効果的実現とその応用
3. 高い影響力の初歩的な認識と承認
4. 高い影響力の知識を持たずにそれを盲信すること
5. 高級な権力に対する信仰悪に対して迷信と恐怖を抱き善を拝する事など(宗教の芽生 える時期) 
6. 真の現実に対する初歩的認識(現在平均的地球人の段階)知識に基ずく発達の段階。 研究、霊に関する初歩的認識とその利用(霊的治療やテレパシ-) 
7. 知識と英知の初歩的発達 

☆知性的人生 

1. 知性の高度な発達。高度な技術、霊力の初歩的知識に基ずく第二段階の利用。原始的 性交による生命の生産。 
2. 知識、真理、英知の深い理解と応用。信仰生活が徐々に崩壊すること。 
3. 知識と英知の最初の実用化(教養ある地球人、科学者などの段階) 
4. 自然の法則の承認と実用化。超技術の開発。人間による人工的生命の生産(アンドロ イド、ロボット、機械人間) 
5. 霊力の認識に基ずく知識と英知の自然への応用。宗教の高度な崩壊。 
6. 英知、真理、論理に基づいた生活。 
7. 真の絶対としての現実についての初歩的な認識(極限と霊を把握した少数の地球人科 学者の段階) 

☆実在の人生 

1. 真の絶対としての現実についての清澄な知識 
2. 霊的知識と霊的英知の認識 
3. 霊的知識と霊的英知の実用化 
4. 創造とその法則の実在性についての認識 
5. 創造の法則に従がい、純化された霊と知性に従った生活。自己の真の使命の自覚と霊 の力の認識、あらゆる信仰形態が完全に崩壊すること。(ビリ-の段階) 
6. 目的に適合し、制御された霊力の実用化 
7. 原初的生命の凄惨(バクテリア、バチルス、細菌、遺伝子、クロ-ンの生産)プレア デス人は原初的生命をはじめ、高次の生命の生産も可能で人体の一部修理も出来る。 

☆創造的人生 

1. 生命の生産と制御 
2. 機械的生命の制作 
3. 物質的有機的生命に対する霊力による支配の発達 
4. あらゆる種とあらゆる生命形態に対する意志による支配
5. 認識の段階。過去世(前世)の追想 
6. 英知の王位(ヤハウェ)。最終段階から二番目の最高の力に関する知識 
7. 霊的平和、普遍愛、創造の調和についての認識(セムヤ-ゼの種族の段階) 

☆霊的人生 

1. 霊的平和、普遍愛、創造の調和についての承認と実現 
2. 純粋な霊的形態においての生活 
3. 霊的創造(創出) 
4. 器官的肉体からの霊の離脱 
5. 最初のの霊的存在 
6. 最終的な霊的存在 
7. 創造への移行 

☆創造の中における人生 

1. 7つの期間にわたる半睡状態(永遠) 
2. 半睡から覚醒し、創造として創造の中で7つの期間(永遠)に亘り創造活動を開始する。 
3. 生命の創造(創出) 
4. 創造の完全性の中で新しい霊の創造が行なわれる 
5. 創造の中において偉大な霊の創造(創出) 
6. 創造の中において創造が完全になること 
7. 創造が7つの期間(永遠)を終了して、究極の完全性を最終的に達成する 

[ 註 釈] 
創造の半睡状態は7つの期間(永遠)、即ち偉大な期間(大時)続く→311兆400億 年の大時。この半睡によって全ての生命と全宇宙の存在が終息する。新しい覚醒期に入る と再び万物が新しく創造されるのです。半睡期には空間も時間も存在せず、ただ無のみが存在するのです。時間と空間は創造と無の無限の胎内で眠ったままです、創造する想念が 無いので時間空間がないのです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ホーム